よくあるご質問

オーダーメイド、健康靴のシューフィットSEKINEホーム > よくあるご質問

「シューフィットSEKINE」ではご来店時やお電話にて、様々なお問合せを頂いています。その中でも特にお問合せが多い案件、あるいは非常に重要な案件をご紹介しております。

歩いているとつまずいたり足首を捻ったりしやすいのですが・・・
背中を丸めたり下を向いて歩いていると正しい歩き方ができません。踵から着地する正しい歩き方を身に付けてください。また、大き過ぎる靴や靴紐が緩んでいても思いがけない怪我をともないます。
開張足とは?
足の一番広い部分(親指つけ根から小指つけ根)の横アーチが関節の緩み等により広がってしまいます。外反母趾等トラブルの原因になります。
外反母趾ですが、日頃から注意することは・・・
外反母趾は様々な原因が引き起こすトラブルです。原因のほとんどは足裏を中心としたアーチ部分の筋力低下です歩く時間を増やすなど筋力を維持、強化をして下さい。また、専用のインソールなどを利用することも大切です。
慢性的に胼胝(タコ)ができてしまうのですが?
足の一部分に断続的な圧力や摩擦がかかることによって起きます。特にヒールなど、足の前部に圧力が集中する靴でよく見うけられます。足の運動やストレッチを行い、足にあった靴を選ぶことが重要だと思います。
偏平足は矯正可能でしょうか?
軽度の偏平足は疲労等から来る筋力低下が原因です。完全にアーチが下がっている状態でも、筋肉の状態によっては回復可能です。筋肉の状態が悪い場合、運動やインソールで保護と予防をします。偏平足は「血液循環不良」「足底筋膜炎」「アキレス腱周囲炎」を引き起こす場合もあるので注意して下さい。
内股、外股歩きは問題?
骨格の関係でつま先は外を向きます。ただし、極端な場合や足の方向に問題がある場合は、歩行姿勢に問題が出てきます。
靴の裏側の外側が減るのはO脚?
骨格の関係から考えても、当然ソール外側から減っていきます。踵から接地する正しい歩き方をしていればなおさらです。まれに後部から見ると、靴の踵部分(ヒールカウンター)が歪んでいる方がいます。その様な方は足のトラブルにご注意してください。
外反母趾は先が細いパンプスが原因?
近年、きつい靴だけではなくゆるい靴を履く方でも外反母趾の方を見受けます。上項でも解説していますが外反母趾は様々な要因によって引き起こされます。ホルモンバランスが影響して、女性に外反母趾が多いと言われています。